ゆたかカレッジの一番の魅力は、同世代の仲間たちと一緒に様々な活動に取り組めることでしょう。1、2年生のクラスは縦割りの混合クラス。1年間、先輩後輩が同じクラスメートして一緒に学んだり、楽しんだり、頑張ったり・・・。そんな1日1日が、互いに深い関係を育み、時にはぶつかり合い、互いに刺激し合いながらたくましく成長していきます。

カリキュラムが充実

1,2年次の自立訓練(生活訓練)では「経済」や「ヘルスケア」など、3、4年次の就労移行支援では「清掃実務」や「ビジネスマナー」など、それぞれ10教科を学びます。ゆたかカレッジのカリキュラムは、職員みんなで話し合って作成した『支援教育要領』に基づいて策定されます。支援教育要領には、支援教育の目的や概要、指導案の作成方法、行事や余暇活動の在り方、就労支援の考え方などわかりやすく説明されています。

資格取得支援が豊富

「漢字検定」や「ワープロスピード検定」など、学生本人が興味のある資格、就労に必要な資格の取得を目指して学びをしっかりとサポートします。学生たちは、漢字検定、ワープロスピード検定、エクセル表計算検定、硬筆書写検定、日本語検定、高卒資格取得など、様々な資格取得を目指して、支援員のサポートのもとで、日々、計画的に学習しています。

行事が豊富

年間を通して屋内外での行事や外部講師を招いて特別講座を開催しています。ゆたかカレッジでは、春は花見、夏はバーベキュー、秋は登山、冬はマラソン大会等、季節に応じて様々な行事活動を行いながら、日本の四季を楽しんでいます。

仲間ができる

キャンパス生活で、4年間を通じて様々な体験をしていく中で、仲間の考え、気持ちなどを考える機会が多くあります。また、キャンパス間の交流や大学交流活動もあるので多くの人と出会える機会があります。青春時代の友だちは格別。将来のことなど、悩み多き年頃に、共に楽しみ、共に悩み、共に汗を流す仲間は、かけがえのない生涯の友となることでしょう。

授業料無料

障がい福祉サービスを利用して、ゆたかカレッジに通うので授業料はかかりません。(行事等の費用は実費負担です。)
ゆたかカレッジは、障害者福祉サービス制度を活用した学びの場ですので、公費によりすべての運営費がまかなわれており、利用料は全員無料です。

豊富な実績

ゆたかカレッジの学生は1年生のときから職場見学や職場体験、職場実習に取り組みます。協力企業は都内を中心に関東地区に100社以上。実習で企業に見初められて就職につながることも少なくありません。

スキルの高い支援教員

支援教員の9割以上は教員免許または福祉資格を持った専門職です。また、8割以上は、教育現場経験者または福祉現場経験者で構成されています。教育のスペシャリストと福祉のスペシャリストがチームで学生たちを支援するのがゆたかカレッジの特長です。

高い就職率と定着率

ゆたかカレッジでは72%の卒業生が一般就労・特例子会社・A型事業所に就職しています。卒業生の職場定着率は89%。4年間の学びは、学生たちの大きな成長をもたらし、4年生の頃になると、皆さん、しっかりした自分の考えをもちながら、挨拶やマナーも身につけ、謙虚で素直な、誰からも好感が持たれる魅力的な青年に成長しているので、企業も安心して雇用できる人財となっています。

卒業後は同窓会に加入

卒業生は、全員「ゆたかカレッジ同窓会」に加入し、年に数回集まって懇親会やレクリェーションイベントを企画し楽しんでいます。ゆたかカレッジで出会った友だちは、生涯の大切な友としていつまでも仲良しです。

離職しても生涯サポート

卒業後就職したけれども、様々な事情で離職することもあります。そのときは、ゆたかカレッジの4年生に帰って来て、再び、就職活動を行い、再就職を目指します。ゆたかカレッジは卒業後、何歳になっても帰って来られる心のふるさとでもあります。