History of Yutaka College

ゆたかカレッジの歴史

history

沿革

2012年4月
社会福祉法人鞍手ゆたか福祉会(理事長 長谷川正人)、福岡市に「カレッジ福岡」開設
2013年4月
同法人、長崎県大村市に「カレッジながさき」開設
2014年4月
同法人、北九州市に「カレッジ北九州」、東京都新宿区に「カレッジ早稲田」開設
2014年10月
アメリカ・マサチューセッツ州立大学他2校視察
2015年10月
『知的障害者の大学創造への道』(クリエイツかもがわ)出版
2015年11月
アメリカ・カリフォルニア州立大学他3校視察
2015年12月
オーストラリア・シドニー大学視察
2016年4月
カナダ・レジャイナ大学他5校視察
2016年8月
オーストラリア・国際知的発達障害学会(IASSIDD)ポスター発表、フリンダース大学視察
2016年11月
韓国・ナザレ大学視察
2017年4月
同法人、東京都新宿区に「カレッジ早稲田2」開設
2017年4月
イギリス・アイルランド・アイスランド・ダブリン大学他3校視察
2017年11月
株式会社ゆたかカレッジ(代表取締役社長 長谷川正人)設立
2018年4月
「早稲田キャンパス」「高田馬場キャンパス」を社会福祉法人から株式会社に事業移管
2019年1月
「カレッジ○○」を「ゆたかカレッジ○○キャンパス」に、「カレッジ早稲田2」を「ゆたかカレッジ高田馬場キャンパス」に名称変更
2019年1月
『インクルーシブを考える日』(1月20日)記念日登録証授与式開催
2019年2月
スペイン・イタリア・イギリス・ロンドン大学他4校視察
2019年4月
横浜市に「横浜キャンパス」、川崎市に「川崎キャンパス」、東京都江戸川区に「江戸川キャンパス」開設
2020年4月
さいたま市に「埼玉キャンパス」、静岡県沼津市に「沼津キャンパス」開設
2020年4月
『知的障害者の高等教育保障への展望』(クリエイツかもがわ)出版
2020年11月
東京大学先端科学技術研究センターと共同研究契約締結
2021年4月
「横浜キャンパス」に保土ケ谷校開設、「川崎キャンパス」に元住吉校開設
2021年4月
「早稲田キャンパス」「横浜キャンパス」に就労継続B型事業所開設
2021年4月
「福祉型カレッジ」商標登録
2021年8月
本社を福岡市中央区今泉から福岡市博多区博多駅東に移転
2021年10月
長谷川代表「EYアントレプレナー九州地区チャレンジングスピリット部門大賞」受賞
2022年3月
チバテレビ『魚住りえのカイシャを伝えるテレビ』に長谷川代表ゲスト出演
2022年4月
千葉市に「千葉キャンパス」、東京都立川市に「立川キャンパス」開設

Founding philosophy

設立理念

学ぶことを諦める世の中から
選択できる世の中へ

「学ぶことを諦める世の中から選択できる世の中へ」2006年に国連で採択された「障害者権利条約」には知的障害者にも大学や短大、専門学校などの高等教育の権利が保障されているにも関わらず、健常者が高校を卒業して大学などに進学する人が70.7%であるのに対し、日本における知的障害者の高校卒業後の進学率はわずか0.7%です。知的障害者にも高校卒業後に「学ぶ」という選択肢を作りたい。そんな思いでゆたかカレッジは設立されました。"

Founding philosophy

学長メッセージ

学ぶことを諦める世の中から
選択できる世の中へ

知的障害の若者に学ぶ機会と青春を」18歳から4年間、適切な教育を通じた学びの機会を提供することにより多くの人たちは一億総活躍社会の一翼を担う存在になり得ます。今後も障害者法定雇用率はますます上がるに違いありません。そのときに社会の期待や要請に応えるべく、しっかりと青年期に学び成長し、会社の戦力に、そして社会貢献者として育つ機会と時間が不可欠になります。それこそがまさに、ゆたかカレッジの大きな目的です。青年期の貴重な学びの機会を通じて、彼らが社会のなかで自らの個性や能力を十二分に発揮しながら、自信と誇りをもって幸せな社会生活を送っていける社会を構築していきたいと願っています。