message of support

応援メッセージ

私たちもゆたかカレッジさんを応援しています!

日本福祉大学教育・心理学部 准教授

伊藤修毅さん

「進学」という選択肢が保障される世の中になるための礎に

 特別支援学校高等部を卒業する際の進路は、実質的に「一般就労」か「福祉的就労」の二者択一になっています。
なぜ障害のある青年たちは18歳での「就労」を強いられなくてはならないのでしょうか。
世の中の半分以上の高校卒業者が大学等に進学する中、障害があるということでその選択肢すら保障されない現状は、明らかな「差別」であり、これを放置するわけにはいきません。
本来は、文部科学省の責任で高等教育が保障されなくてはなりませんが、その責任が果たされない中、障害者福祉制度を活用した高等部卒業後の学びの場が広がっています。
その中でも、もっとも積極的な取り組みを実践しているのが、この「ゆたかカレッジ」であると認識しています。この取り組みが、より広がり、障害の有無にかかわらず、高等部卒業後には「進学」という選択肢が保障される世の中になるための礎となることを心より期待しています。

日本福祉大学教育・心理学部ホームページ
https://www.n-fukushi.ac.jp/faculties/gakubu/kyoiku-shinri/

伊藤修毅さん