message of support

応援メッセージ

私たちもゆたかカレッジさんを応援しています!

早稲田大学 教育・総合科学学術院教授

梅永雄二さん

ゆたかカレッジさんの今後の発展を益々期待しています

今から30年以上も前になりますが、アメリカのニューオリンズというところで開催された障害者支援の学会のようなTASH Conferenceに参加したことがあります。
世界中から医療、教育、福祉、就労などに関する講演や発表がなされていました。
そんな中、ポスター発表会場を歩いていると、連名で発表している母娘のブースがありました。
お母さんが主にプレゼンをされていて、その周りには数人の聴講者が熱心に話を聞かれていました。
そんなアクティブなお母さんのポスターからちょっと離れたところに娘さんが立っていました。
彼女は笑顔が素敵なとてもチャーミングな女性でしたが、大学を卒業して現在幼稚園で働いているとのこと。
しかも、彼女はダウン症候群でした。私は驚いて、「あなたは大学に行かれたのですか?」と尋ねたところ、私の意図を見抜いたのか、彼女はウィンクをして「私のような者でも入れてくれるところがあるのよ、アメリカには。」と答えてくれました。
 当時の日本では、ダウン症の人たちは知的障害特別支援学校の高等部までは行けても大学に行くということは考えられませんでした。
それを今「ゆたかカレッジ」さんは実現されているのです。文科省認定の大学教育ではないものの、「もっと学びたい」という意欲を持った知的障害の人たちにも希望を与えてくれています。
彼ら、彼女らが成人し、インクルーシブな社会で自立していくための教育の機会を提供してくれているゆたかカレッジさんの今後の発展を益々期待しています。

早稲田大学梅永研究室ブログ
http://blog.livedoor.jp/umechan0701/

梅永雄二さん