リクルート

Recruit 求人情報

『ゆたかカレッジ』では障がいのある方達の、学びをサポートする仲間を随時募集してます。

Interview from president学長インタビュー

  • ゆたかカレッジはどんな職場ですか?

    職員がとっても熱い思いを持った人たちの集団です。日本では知的障がい者が大学に進学することはほとんどありませんが、諸外国ではそれが当たり前になりつつあります。ゆたかカレッジの職員は、日本でも知的障がい者が特別支援学校を卒業して18歳ですぐに働くのではなく、その後も教育の機会を通じて、一人ひとりの個性や能力を伸ばし、その人らしい人生を豊かに生きていってほしいという願いをもって日々学生たちと関わっています。

  • ゆたかカレッジで働くことのやりがいはなんだと思いますか?

    一言で言うと社会貢献と社会変革だと思います。2014年に日本が批准した障がい者権利条約に謳われている「知的障がい者の高等教育保障」と「インクルーシブ(共生)社会」を実践を通じて実現していきたいという思いの中で日々奮闘していることだと思います。

  • ゆたかカレッジではどんな人に働いてほしいですか?

    人が好きな人。ゆたかカレッジは知的障がいや発達障がいを持った人たちの学びの場です。学生たちの日々の成長を本人たちと共に喜び合いながら、学生たちと共に成長できる支援教員であってほしいと思います。また、支援教育は、職員ひとりではできません。職員間のチームワーク、連携がとても大切です。共通の目標の達成を目指して、仲間と共に協力して働ける人を求めています。

  • これからゆたかカレッジをどんな組織していきたいですか?

    人に対する強い愛情と願いを持って学生たちの喜び、悲しみ、怒りなど様々な思いに常に寄り添える人であり、かつ福祉と教育の高い専門性をも兼ね備えた、「科学とヒューマニズム」を持つ人たちの人間集団にしていきたいと思います。学生さんご自身や、大切な子どもさんの成長をゆたかカレッジに託してくださった親御さんの思いに応え、ご期待以上のご満足をいただける組織にしていきたいと思っています。

社員インタビュー入社1年目
職種:就労移行サポート
五十嵐芳樹

社員インタビュー

学生一人ひとりとていねいに向き合えることが
ゆたかカレッジの魅力です

  • ゆたかカレッジへの入社理由について教えてください

    福祉系ではない専門学校の教員から転職しました。前職の専門学校の教員時代に心に悩みを抱える学生の相談にのる機会が多くあり、その子達の中には発達障がいのある子もいました。その子達にどういう風に接したらいいか真剣に考えているうちに、こういった悩みを抱える子供達にもっと何かできないか考えるようになりました。その中で出会ったのがゆたかカレッジです。前職でも就労移行のサポートをしていたこともあり、福祉の分野でも自分のこれまでのスキルが生かせるのではないかと思いました。また長谷川学長が掲げる理念に強く共感したのも入社理由のひとつです。

  • どんなところにやりがいを感じますか?

    授業が就労に直接結びつくところです。就労移行の授業は社会に出る直前の授業で面接の練習を重ね学生を勇気づけます。最初は不安な表情だった学生も半年経つと、自信をもった表情になっています。それが内定に結びついたときは、自分のことのように嬉しいですね。

  • ゆたかカレッジにどんな魅力を感じていますか?

    一人ひとりと向き合っていけるところです!就労移行のビジネスは様々ありますがスクール形式で、仲間と一緒に勉強し、励ましあえるのは一番の特色ではないでしょうか。仲間と助け合って問題を解決し、仲間と成長していくスタイルに一番の魅力を感じます。これは学生だけでなく、職員間でも同じことが言えます。教育の職場は縦割り社会が一般的ですが、ゆたかカレッジでは担当の学生だけでなく一人の学生についてまめに話し合い共有しています。一人の学生を全員でサポートする教育の現場はなかなかないのではないかと思います。

Recruit 私たちと一緒に青春を作る
サポートをしませんか?
詳しくはこちら
Recruit