Essay

エッセイ

私は、三年生になり実務という仕事に向けての訓練が始まりました。最初は実務ってどんなことするのだろうって思っていました。ところが実際、実務は色んな種類の科目があり多くのことを学べる事を知りました。私は実務を通じて様々なことに興味を抱き始めました。どの実務もキツいけど一つ一つの作業に集中して手順を覚えていくうちにキツさよりも達成感を味わうことで次も頑張ろうという気持ちになってきました。辛い時こそ仲間の声掛けで少し勇気をもらって成長に繋がっています。また、パソコンに触れる機会が増えて出来なかったことがたくさん出来るようになりました。今ではパソコン技術が高まり、「Word」「Excel」「PowerPoint」を使いこなせるまでに成長したと感じます。今までは、パソコンに興味はあまりなく分らないことばかりで戸惑っていましたが、少しずつ操作のやり方が分かるようになってからは興味を抱きはじめました。一年や二年の頃は「Word」や「PowerPoint」は論文発表で使用したことがあるので何となく使いこなすことで力がついてきたと感じます。三年生になり、自分で調べることが多くなり、インターネットを使用して定型文を探し「Word」で作成をすることでどんな定型文があるかを知りました。定型文も数多くあり、使いこなすことで少しずつ覚えていけるように努力しています。また、今年は新たな挑戦にチャレンジしてみました。それは「Excel」です。三年生になるまで「Excel」を使ったことが全然なかったので使いこなせるだろうかと不安を感じていました。ところが「Excel」を実際に使用してみると最初は覚えることが多くて難しかったけど手順を覚えていくと楽しくなりました。「Excel」は関数が多くて覚える内容も難しいけど成功した時の達成感があります。私は「Excel」の基本を覚えて情報処理技能検定の表計算にトライしてみようと思いました。実際解いてみると色んな関数があり、一つ一つ覚えるのに苦労しましたが徐々に関数の使い方が分かるようになり表計算の四級を取るためにひたすら問題に打ち込み合格をすることができました。四級を合格してもっと違う関数が覚えたいという気持ちになり次は三級を目指して取り組んでいます。三級になると問題も難しくなり、使ったことがない関数も出てきます。短時間でどこまでできるか挑戦していきたいと思います。私はこの三年間でパソコン技術が身につきました。分らない時には先生方にご指導をいただきスキルを磨いています。これから先パソコンと関わることがあると思いますので後一年を通してもっとパソコン技術を磨いて色んな場面でパソコンの操作が出来るまでに成長して将来の為に使いこなしたいです。その為には努力の積み重ねが必要なので勉強出来る時に集中してもっともっと上達出来るように頑張っていきたいと思います。 (UK)