Essay

エッセイ

自分は、幼い頃自分が障害者だとわからずただ気ままに生きていました。でも成長していく内に自分が他の人とは違うということを知って孤立したような感じを感じました。それでも自分の夢を叶えるために障害者でも働ける自分になるため今ゆたかカレッジに通ってます。

 ゆたかカレッジでしっかりと自分の将来を学び一歩一歩自分の夢へ向かって歩いて行きたいです。そしていつか自分のお店を出したいです。自分の持ちたいお店はゴスロリ服のお店です。私は、オシャレが大好きなのでそんなお店を持ちたいです。そして今考えているお店の名前は、ゴスロリ服やアクセサリー・ヘッドドレスなどのお店なので「ダークエンジェル・ハウス」が良いです。

(ST)